2015年03月17日

クレンジングって大事なの?必ずしなくてはいけませんか?

クレンジングする女性.jpg

花粉がバンバン飛んでいますね・・・。
私は、まだ花粉症にはなっていませんが時間の問題か・・・と感じることがあります。
(すでに花粉症になっているその事実をかたくなに認めたくないだけかも^^;)


ところでみなさん、クレンジングは毎日してますか?
とあるアンケートでは、クレンジングをちょこちょこさぼってる女性が結構いらっしゃるという結果がでていました。
クレンジングをさぼってしまう理由は・・・

「面倒くさい」

というのがダントツのようです。
うわぁー、これすんごいわかります。
やっぱりクレンジングが面倒で、石けんの二度洗いばっかりしてる時期がありましたねぇ〜^^;
自分が愛用している京のすっぴんさん ナチュラル素肌色クリーム
すっぴんBB.jpg

が石けんの二度洗いで落ちるので、クレンジングミルクを持っていながら使っていないときがあったなぁ。。。
ところで石けんの二度洗いって脱脂力すごくないですか?すんごく気にはなりながらもついついクレンジングの面倒さから石けんの二度洗いですましてたなぁ。ちなみにアイメイクはロゴナを使用してるんですが(かれこれ10年ほど)、これはなかなか石けんではきれいに落としきれません。
なので最悪の洗い方、力入れまくったゴシゴシ洗いで力づくで落として・・・ましたorz
石けんの二度洗いの弱点は、「脱脂力がすごいわりに油分の汚れは簡単には落ちない」という点。


話がそれてしまいました。(石けん洗顔話はまた別の機会にできればな、と!)
クレンジングをサボるときは、薄化粧のときや疲れているとき、時間がないとき、お酒を飲んで帰ってきたときなどに多いみたいですね。
もう、サボるというよりも・・・

「クレンジングすること自体忘れてしまう」

という感じでしょうか。うーむむむ・・・耳の痛いお話でございます。
基本的に「クレンジング剤+洗顔料」のダブル洗顔をしている方が一般的ですから、どうせ洗顔料で洗うのだしクレンジングは飛ばしちゃっても大丈夫でしょ〜と無意識に思ってしまうのかもしれません。
あとは、クレンジングに対する認識の根底にある、

「クレンジングは肌の刺激になる」

という考え。
ほぼみなさん、そう感じてるのではないでしょうか?
ですから、とくに薄化粧のときは肌のことを考えてクレンジングをあえてしない、と決めている方も案外いらっしゃると思います。
さらに、W洗顔することでさらなる負担を肌にかけてしまうのではないか?という考えも根付いていたり。
そのわりに毛穴ケアや、くすみなどにはみなさん非常に敏感!
このケアってクレンジング洗顔によって予防したり改善したりするわけですが、なんだか矛盾してませんか?


そもそもクレンジングって大事なんでしょうか?クレンジングは必ずいるのでしょうか?
肌に刺激を与えるくらいならクレンジングしないほうがいいのでしょうか?


クレンジングとは、油性の汚れを落とす最初のスキンケアです。
クレンジングといえばメイクを落とすというイメージしかありませんが、落とすのは油性の汚れなので当然メイクの汚れだけを落とすものではありません。
日中、常に分泌され続けている皮脂はもちろん、空中に浮遊している油性の化学汚染物質などもクレンジングで落とす必要があります。
たまった皮脂や角質をすっきり取り除くのもクレンジングの役割です。
油性の汚れは水やお湯、石けんでは落ちないんですよ。
洗顔前の油汚れを落とすクレンジングはスキンケアの中でも最も重要なのです。


クレンジングが不十分だと、肌に不必要な皮脂やメイクが落としきれずに残ったままになります。
洗顔料でもこれをしっかりと落としきれない場合がありますから、余分な油性の汚れが酸化して肌を劣化させる原因になってしまうのです。
とくにメイクアップ料の場合、化粧品に含まれる各成分がそのまま肌に残留してどんどん酸化し刺激が強くなっていくわけですから「汚れを残したまま」というのは肌にとって悪い影響でしかありません。
そう、揚げ物料理で使った油がどんどん酸化して悪くなっていくのと同じことですよね・・・


たとえ無添加のナチュラルメイクであろうと薄化粧であろうと、使用したメイクアップ料に油性の成分が含まれていれば石けんだけでは油性の汚れは落としきれません。
(もちろん、石けん洗顔のみでも落とせると説明があれば問題ありませんが)
日常生活の中では油性の汚れは必ずついてしまうので、バッチリメイクであれナチュラルメイクであれ丁寧なクレンジングをしっかりやってほしいと思います。
例えば、油料理をした後キッチンの換気扇は油で汚れますよね?壁がベタベタになったり床がべたついたり、焼肉屋さんに行けばベタついたテーブル・・・。
あれは、調理中の油が小さな小さな微粒子となって四方八方に飛び散ってるからです。
もちろん、あなたの顔にも付着していますよ・・・。


でも、クレンジングは肌に刺激を与えてしまうから心配・・・と思われる方がほとんどでしょう。
クレンジングの刺激よりもクレンジングを省略したり、しっかりクレンジングしないことによる「油性汚れの洗い残し」のほうが、肌に深刻な負担を与えてしまうことをお忘れなく!

こちらもあわせてどうぞ→クレンジングや洗顔が肌に負担をかける、その正体とは?


お知らせです!
★たくさんのモニター応募誠にありがとうございました!!
(仮称)京のすっぴんさん クレイ米粉クレンジング洗顔石けん サンプル5g専用の泡立てネット付き
・抽選で20名様
3/10にメールにてモニター応募当選のお知らせをする予定でしたが、すいません遅れています。
大変申し訳ございません。明日3/18(水)にメールにてモニター応募当選のご連絡を差し上げます。
何卒よろしくお願い申し上げます。


posted by 徒然茶瓶 at 13:58| 京都 ☁| Comment(0) | スキンケア/クレンジング洗顔 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月04日

朝洗顔するの?しないの?朝洗顔論争、とうとう決着?!

f040b0b388e340ef1097007bb4476c30_s.jpg

もう3月に突入ですね!つい最近、お正月を過ごしたばかりと思っていたら・・・。
昨夜は呑みすぎて、今朝顔がパンパンに浮腫んでおりました^^;
朝の洗顔で汚れとともに顔の浮腫みもとれたらいいんですがねぇ・・・。いや、しょっちゅう浮腫んでるですよ、ハイ毎夜毎夜呑みすぎです〜

ところで、みなさんは朝洗顔どうしてますか?
洗顔料を使っていますか?それともぬるま湯洗顔で済ましていますか?
私はほんの数ヶ月前までは、朝はオーガニック系のクレンジングミルクで洗顔してました。
そして、出かける予定のない休日はお湯のみ洗顔にしてました。

朝は、「汚れを落とす」というより「肌が乾燥しないように」が重要に考えて洗顔してしまいますよねー!


『肌に必要な皮脂まで落とさないためにも、ぬるま湯だけで洗顔したほうがいい』
『朝はぬるま湯で洗顔したほうが、肌に負担がかからない』
『朝から洗顔料を使うと、肌荒れしやすくなって乾燥しやすくなる』


これって本当なのでしょうか・・・?
朝はそれほど汚れてないので洗顔料は別に使わなくてもよいのでしょうか?

私が休日にお湯洗顔のみで済ましていた時は、顔はちょっとべたついたままでした。
でも、朝はさほど汚れてないからお湯で十分だろうし、この皮脂のべたつきもいわば天然の保湿クリームみたいなもんだし肌に負担もないから良いだろう、と勝手に思いこんでたんですね。

ただ、とにかく気になることが1つだけありました。
毛穴の黒ずみがどうにもこうにも目立ってきてる・・・よね?

当たり前のことなのですが、皮脂はつねに際限なく分泌され続けてるわけです。
日中だけでなく、夜間も絶え間なく皮脂は分泌しています。
よくよく考えると寝起きの肌は、夜間に分泌され続けた皮脂や夜間にかいた汗、それに含まれる老廃物、寝る前のスキンケアに使った保湿クリームの油分、さらに枕や布団、シーツなどのほこりやダニの死骸、空中に浮遊している細菌やカビなどさまざまな汚れが付着している状態なんですよね。


これ・・・明らかに夜洗顔した直後よりも、起床時のほうが肌汚れてます〜!!


しかも、もっとも忘れてはならないことは、皮脂は毛穴の奥から分泌されているということです。
つまり、日中であろうが夜間であろうが、余分な皮脂は常に毛穴に溜まりやすいの〜ヤダー
この夜間についた汚れ落しって、本当にお湯だけ洗顔だけで大丈夫なんでしょうかね・・・。

実は、お湯洗顔だけで済ましてた私の「べたついてる肌」状態は、余分な皮脂や油分、その他汚れが付着していた状態だったんです〜。


しっかり汚れを落とせた肌のサインは、「キュッキュッ、スベスベ」した感触なんですよーーー!


洗顔直後、肌がヌルついてたりべたついてたりしていたらそれは肌に余分なものが残っている証拠です。
お湯洗顔だけでは、油性の汚れは完全に落としきれません。
なので、落とさなくてはならないはずの余分な皮脂汚れがどんどん毛穴にたまって角栓になるわけです。


そりゃー、私の毛穴の黒ずみも濃くなってきますわなぁ・・・・・・。


ところで、ぬるま湯洗顔の問題点は2つあります。


1つめの問題は、外部刺激による摩擦で肌に負担をかけてしまいやすい点。
ぬるま湯洗顔だと、どうしても手のひらで直接肌の汚れを落とすことになってしまいます。
洗顔料は肌と手のクッション材として摩擦をやわらげる機能を果たしてくれますが、ぬるま湯はクッションの役割は果たしませんので、どうしても摩擦による刺激を肌に与えてしまいやすいんですね。
肌負担の原因は、成分による刺激よりもそのゴシゴシ洗いなどによる外部刺激の方が多いと言われています。


2つめの問題は、ぬるま湯で落としきれない油性の汚れ残しが必ずある点。
ぬるま湯では、夜間に蓄積されたさまざまな汚れをきれいに落としきることはできません。
余分な皮脂や油性の汚れ残しがあると、それ自身が酸化してトラブルの原因になりますし毛穴の黒ずみの原因にもなります。


そうなんです。
朝洗顔は、洗顔料を使わずにぬるま湯でやさしく洗えば肌に負担をかけないよねーと妙に納得してしまいそうになりますが、それは間違いです〜


毎日1日2回の洗顔料による洗顔はスキンケアの基本です!余分な皮脂や油汚れをしっかり毎日の洗顔で落とすことが大切です。
私も、クレンジングミルクから洗顔フォームに変えて1日2回しっかりクレンジングと洗顔をしだしてから、本当に毛穴の黒ずみは少しずつではありますが明らかに薄くなってきました。
あと、こんなに自分の顔って白かったっけ?ってのは心底実感したわけですが・・・。
蓄積された油汚れって怖いです。身をもって実感しました^^;

あ、それと朝も洗顔フォームで「キュッキュッスベスベ」の肌仕上がりになっても乾燥は全くしてません。
冬の間、ずっとこの洗顔してましたが乾燥しなかったなぁ。
使い続けたのはもちろん、「京のすっぴんさん クレイ米粉クレンジング洗顔石けん(仮称:まだ名前決まってません汗)」のサンプルです。
しっかり汚れを落とすことで、化粧水や美容液、保湿クリームの浸透がよくなったことがあるのかなぁと。
余分な皮脂や油分が肌に残っていると、浸透をジャマしますからねー。

朝洗顔は、洗顔料を使って汚れをスッキリ洗い流すことが正解なんだなぁと実感しております。


それとお知らせです。
京のすっぴんさん クレイ米粉クレンジング洗顔石けん(仮称)のモニター応募ありがとうございました!
モニター当選された方は3/10にメールにてご連絡申し上げます。
大変申し訳ございませんが、もうしばらくお待ちくださいませ!

サンプルネット.jpg


posted by 徒然茶瓶 at 11:47| 京都 ☀| Comment(0) | スキンケア/クレンジング洗顔 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月27日

最近・・・顔のくすみがなんとなく気になると感じたら?

だいぶとインフルエンザの患者さんが落ち着いてきました。
今日の京都は快晴です。
が・・・夜になれば雨か雪がぱらつくとの予報。まだまだ真冬並みの寒さが続きそうです。
でも確実に太陽の光は強くなってきてるので、そろそろシミ予防対策も本腰を入れなければなりませんね・・・。
年も年だし私も一度、皮膚科で相談してみようかなぁ、、、と真剣に考えてます。

シミの悩みもつきませんが、くすみの悩みもつきませんよねぇ・・・。
「最近、なんとなくくすみが気になってきたなぁ」なんて、ふと感じることありませんか?
しっかり洗顔しているのに、なんとなくくすんでいるような気がする、顔がもしかして黒ずんでる?・・・と感じたら、それは洗い方に原因があってくすんでいるのかもしれません。
くすみには様々な原因がありますが、とくに次の2つに注目です。


【洗い残しによるメイクアップ料の酸化】
油性の汚れは毎日しっかりクレンジングによって取りのぞかないと肌にどんどん蓄積されていきます。
日光や空気と反応して酸化したその油汚れは、使い古した油と同じように黒ずんでくすみのもとになります。

【古い角質の蓄積】
古い角質はしっかり落としておかないと毛穴にどんどんたまり角栓をつくります。
最近、なんとなくくすみが気になりだしたら溜まった古い角質が原因かもしれません。


この2つの原因は、毎日しっかりクレンジング洗顔することで、くすみを予防したり改善することができるのですが、問題はその洗い方なのですよね・・・。
私もくすみは気になってたのですが、まさか自分のクレンジング方法が悪かったなんて思いもしなかったんですよ。クレンジングミルクでは毛穴の奥の汚れや古い角質をしっかり取り除くのは難しいことにようやく気づきました、最近・・・。
だいたいメイクをきれいに落としきるのに一苦労してたのに、毛穴の汚れまではそりゃ無理ですわなー^^;
でも、肌に穏やかだし〜ということでずっとクレンジングミルクを愛用してたわけですが。。。


ちなみに、毛穴にたまった汚れや古い角質は、ゴシゴシこすっただけでは落ちません!
なのにゴシゴシこすっちゃうと、

・肌に必要な皮脂まで取ってしまう
・新しい角質を傷つけてしまう

ということになり、肌におもいっきり刺激を与えてトラブルの原因になってしまうんですね。
そのためにも洗顔は丁寧に優しく行わなくてはいけないのですが・・・。
この「丁寧に優しく」というのがなかなかのクセモノでして^^;

丁寧に優しく洗うって結構というかかなり難しいと思うのは私だけでしょうか?!
これ、ヘタすると洗い残しの原因になるんですよね。クレンジグ洗顔する時に肌に余分なものは残してはいけません。
しかも、丁寧に優しく洗おうとすると、メイクとのなじみが悪くなったりして時間がかかってしまう・・・。
クレンジングや洗顔に時間をかけすぎると肌の潤いをとりすぎてしまうばかりか時間がかかる分、それだけ肌もこすってしまうので結果的に摩擦時間が長くなり肌にダメージを与えてしまうんです。

なので、
「あら、私は大丈夫よ。ゴシゴシ洗いがダメなんて常識。私はお肌をいたわった洗い方をしているわ!」
と自信を持っていても、メイクや油性の汚れがしっかりきれいに落としきれていない汚れ残し状態になってるかもしれません。
これは困りましたわなー(滝汗


そう思うと、クレンジング洗顔の理想は「肌に刺激を与えない成分」と「肌に負担をかけずに簡単に汚れを落とす」ものになりますわなぁ。毎日使うからこそ、この2つが同時に成立したクレンジングがあればいいのです。
こういったクレンジング洗顔で、毎日しっかりクレンジング洗顔すれば、たまった油性の汚れや古い角質が取り除かれて、くすみが抜けて明るい肌を案外簡単に実感できたりします。私がそうでしたから!


京のすっぴんさんからでる新商品のクレンジング洗顔せっけんは、自信をもっていえますが、
「肌に刺激を与えない成分」と「肌に負担をかけずに簡単に汚れを落とす」を見事に両立させてます。
天然成分だけでつくられた洗顔料ですけど、シリコンの入ったファンデーションはもちろん、ウォータープルーフのメイクをがっつり簡単にゴシゴシ洗うことなく落としますから!

「キャッチボールできる泡」をどこまで作れるか、に挑んでできた商品です(笑)
完成したときは、皆で喜びながらキャッチボールをしたという・・・。
大の大人が何をやってるんだか^^;

発売する時はもちろん、全額返金保証をつけます〜!
あ、それと、モニター応募は明日まで募ってますのでご興味ある方はご応募ください^^

泡2.jpg

クリーム手.jpg
posted by 徒然茶瓶 at 12:29| 京都 ☀| Comment(0) | スキンケア/クレンジング洗顔 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月25日

クレンジングや洗顔が肌に負担をかける、その正体とは?

9c99ce388f3082717a56af336e7e0992_s.jpg

京のすっぴんさん新商品「クレイ米粉クレンジング洗顔石けん(仮称)」のモニター応募してくださった皆様、ありがとうございます!
締め切りは2/28(土)までですので、まだまだ受け付けております^^
モニターの応募をお待ち申しております!!
(モニター応募方法は、ブログの一番最後にあります)


そんなわけで、京都の空が最近黄色いです^^;
黄砂と花粉の季節がやってきたのか・・・。とにかく春はもうすぐそこですね!
日焼け対策もこの時期から完全にしておいたほうがいいですよね。
SPFがあんまり高いと肌への負担もそれに比例して大きくなりますので、SPF25以下あたりで十分だと思いますよ!
できればその上にパウダーも重ねればなお良し!です。パウダーはお肌のことを考えて紫外線防止効果が入っていないものを選んだほうがいいです。酸化チタンが入っていなくてもパウダーには紫外線防止効果がありますよ。
ところで、SPF25のファンデクリームを使ってその上からSPF20のパウダーを重ねても足し算でSPF45の効力にはもちろんなりません。

そうそう、このライン使いはもってこいです。肌ストレスフリーなので、季節の変わり目で肌の調子が悪くなりがちなこの時期にこそおすすめです!!
手前味噌ですが・・・(え、最初からそのつもりでは・・・テヘヘヘ)


京のすっぴんさん ナチュラル素肌色クリームBB SPF25

すっぴんBB.jpg

京のすっぴんさん 絹肌べっぴんフェイスパウダー(酸化チタンフリーです)
kinuhada.jpg



黄砂や花粉の話が出ましたが、この時期から初夏にかけてはとかく外的環境からお肌を守らなければなりません。紫外線はもちろんですが、空気中には黄砂や花粉が浮遊してそれにカビやウイルス、化学汚染物質が付着してたりしますので、すっぴんで外出なんてことはなるべく避けてほしいところ。
帰宅後は、かならずしっかりクレンジングと洗顔をしてくださいね!

そういえば、クレンジングや洗顔には色々な考えや意見があふれてますよね。
みなさんも悩んだりすることがよくあるのではないでしょうか?
かくいう私もそうでした。ダブル洗顔はよくないのかなぁ、とかオイルクレンジングはやめたほうがいいよね、とか朝洗顔はぬるま湯だけのほうが本当によいのだろうか・・・などなど。

それで結局、肌への負担が一番少ないといわれてるクレンジングミルクに行き着いたわけですが・・・。
まあこれがホント、メイクを落とすのが一苦労ってやつでして。
ムキになって、ゴシゴシと摩擦で無理やり落とすという非常にダメな洗い方になってたなぁ・・・。
1回に使う量もハンパなくなってきて、コスト的にもちょっと厳しい状態に^^;
それでも、すっきり落とせてるかわからなかったので、最後は石けんで〆るという感じで。
そして、肌の乾燥がひどくなってきたんですが、とくに毛穴のポツポツが目立ってきたんですよね。
今から考えると、私の肌への負担は結局大きかったようです(滝汗

ところで、「クレンジグや洗顔が肌に負担をかける」って誰もが口をそろえて言いますけど具体的に何が負担をかけるのでしょうか?

ご存知ですか?「クレンジグや洗顔が肌に負担をかける」具体的な要因は、たったの2つだけってことを。

1つめは、成分です。
2つめは、あなたの洗い方です。


メイク落しのクレンジング力が強いほど、多量の界面活性剤が配合されるので肌に刺激となりトラブルを招きなりやすくなるのは周知のとおりですよね。
しかし、これ以上にトラブルを招きやすいのが洗い方のようです。
ゴシゴシ洗うことで生じる摩擦は肌を痛めやすく、成分によるトラブルよりも洗い方で起こるトラブルの方が多いとも言われています。

とくに、肌に穏やかな低刺激系のクレンジング剤を使用してる人、石けん洗顔をしてる人は要注意です。
低刺激だとどうしてもクレンジング力も弱くなりますので、自然と力が入ってゴシゴシと必死にこすってメイクを無理やりに落とそうとしてる姿が目に浮かびます。。。(いや、それは過去の私)

そして、石けん洗顔。基本的に石けんは油分を落とすのには向かないので、ついゴシゴシ洗いをしてしまってる人、案外多いのではないでしょうか。(いや、私がおもいっきりそうでした)

ちなみに、このまずい洗い方は他にもあるんですよ。
「あら、私は大丈夫よ。ゴシゴシ洗いがダメなんて常識。私はお肌をいたわった洗い方をしているわ!」
いえいえいえ、そのいたわった洗い方にも落とし穴があったりするんですよー!

のってきたので、続きを書きたいところですが、長くなりそうなのでまた次回に!
ちなみに、京のすっぴんさんの新商品クレンジング洗顔石けんは、成分はもちろんですがこの「洗い方問題」を解決するために誕生したようなものかもしれません。

●モニター募集
(仮称)京のすっぴんさん クレイ米粉クレンジング洗顔石けん サンプル5g専用の泡立てネット付き
・抽選で20名様
・応募締め切り 2/28(土)

【モニター応募条件】
1・京のすっぴんさんシリーズをご購入されたことがある方

2・商品サンプルをご使用いただき、アンケートにお答えいただける方
 *頂いたアンケートは当社サイトやチラシ等にお客様の声として掲載いたします
 *お名前はイニシャルで表示いたします

3・アンケートと一緒に顔写真を掲載いただける方
 *顔写真掲載OKの方は抽選ではなく優先にさせていただきます

上記1と2の条件は必須です。3に関しましてご許可いただける方のみとなります。

新商品のさらに詳しい成分や使用感レポートなどは、このブログで随時紹介させていただきます^^

facebookの「いいね」もポチっとお願いします!!
応募は以下のfacebookからになります♪
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
『京のすっぴんさん公式facebook』
https://www.facebook.com/suppin.method
posted by 徒然茶瓶 at 12:32| 京都 ☁| Comment(0) | スキンケア/クレンジング洗顔 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする