suppinmethod.jpg

トラブルを起こしにくい「すっぴん健康肌」に育てる天然スキンケアに徹底してこだわりつくられた京のすっぴんさんです。

【メディア掲載情報】

婦人画像201507.jpg media.jpg images.jpg



2015年07月27日

この時期の効果的なメイク崩れ予防とは

最近なかなかブログの更新ができておりません^^;
いつの間にやら、梅雨明けて蝉の大合唱を聴く日々となりました。

毎日汗をかいてしまう時期ですね、本当にうっとうしい。
そう、メイク崩れと戦う季節がやってまいりました。
暑くて汗かいてメイクが崩れたら、きちんとメイク直しやってますか?
この時期のメイクが持つ時間はどれくらいなんでしょう。
とある調査では平均4時間という結果がでてますが、この朝っぱらからクソ暑い中での通勤にバスや電車、自転車などを使っている方は、もうその通勤時間でかなりのメイク崩れが発生していると思われます^^;


私は自転車で職場に着いた後、汗が引かぬうちに職場の掃除を皆でするので、結構ヘビーです・・・。
汗だく〜〜〜〜〜

でもそんなに化粧崩れはしません。
なぜなら、メイク崩れ予防をしているからです〜!
実は、メイクが崩れ予防していない方がかなりいらっしゃるというアンケート結果があります。
この汗をかきやすくメイクがただでさえ崩れやすいこの時期も、ちょっとした予防をしておくだけでずいぶん違います。とてもおすすめです。


ところで、予防対策としてみなさんどんな方法で予防しているのかといえば、
パウダーを使用する、化粧水をたっぷり使用する、厚塗りをしない、などがあるようです。


予防にもっとも効果があるのは、「パウダーを使用する」です。


しかし、パウダーと簡単にいってしまいましたが、プレストファンデーションやルースパウダー、フィニッシュパウダーなどいろいろとありますもんね。どれ使ってもいいのでしょうか。
ひょっとして、パウダーはどれも一緒でたいした違いはないのでは・・・?なんて思っていませんか。
パウダーは、それぞれで使用目的が異なり、メリットデメリットも大きく違います。


パウダーでの化粧崩れ予防は非常に有効ですが、使い方を間違えると逆効果になりかねません。
正しくメイク崩れを予防するために、使い分ける必要があります。
まず、メイクが崩れてしまう原因はご存知のとおり、汗や余分な皮脂がメイクを浮かしてしまうから。
またファンデーションの厚塗りは、その含まれる油分が過剰になりメイク崩れを引き起こしてしまいます。


ちなみに、パウダーファンデーションもプレストファンデーションもルースパウダーも同じものです。
ファンデーションを固めた物をプレストファンデーション、固めてない粉末タイプのものをルースパウダー、それらをまとめた総称がパウダーファンデーションです。
そして、フィニッシュパウダーとフェイスパウダーは呼び名が違うだけで同じものです。


となりますと、メイク崩れ予防に使うパウダーは「パウダーファンデーション」か「フェイスパウダー」かのいずれかになりますよね。
この2種類のパウダーの違いは「含まれる油分量」です。
ファンデーションは、「油分」「水分」「粉」の3種類で形成されているのですが、この配合比で油分が多ければ、リキッドファンデーションやクリームファンデーションになり、「粉」の配合比が多ければパウダーファンデーションになるわけです。つまり、パウダーファンデーションは、リキッドファンデーションに含まれる粉の配合比を多くしたもの、といえばよいでしょうか。
フェイスパウダーは、油分が含まれていないか、含まれていてもごく少量です。


フェイスパウダーとパウダーファンデーションは、使い分けしづらいよくわからないと思われることがありますが、含まれる油分量が全く違いますのでそれを考えると逆に使い分けしやすくなります。
ですので、フェイスパウダーはサラサラした質感、パウダーファンデーションはマットな質感になります。


使用目的としては、その含まれる油分量の違いによる質感から、
パウダーファンデーションは「ベースメイクをつくる」目的で使われるのに対して、
フェイスパウダーは「メイクを仕上げる」を目的に使われます



メイク崩れの予防にはどっちがいいの?!
パウダーファンデーションは、ベースメイクを作る目的で使われるので肌を均一にしてカバーしながら色づけするという役割が主です。
対して、フェイスパウダーは、粉の割合が多いのでその細かい粒子がファンデーションの油分を吸収することにより、肌との一体感が生まれファンデーションの持ちをよくしてくれるのです。
さらに、皮脂や汗も吸収してくれるのでテカリ防止にも役立つんですよー。
フェイスパウダーは「メイク崩れ防止」「テカリ防止」と守りの面で効果を発揮してくれるのですね!


なので、メイク崩れ予防をされるなら、フェイスパウダーでメイクの仕上げを行えばいいだけなのです。
これだけでずいぶん違います。
あとは、汗がでたらこまめにティッシュでオフすればなおさらよいです。(あぶらとり紙ではなくティッシュでオフしましょう)


それでもこの時期は、日焼け止め対策は万全にしなくてはいけません。
汗をかけば、下地に塗ってる日焼け止めも浮いてしまってることになりますので、
メイクが崩れたら、かならず日焼け止めを塗りなおして、その上からフェイスパウダーをのせるとめちゃ効果的ですよね!


えっ?でもそれってメイクの厚塗りになって余計に乾燥して肌負担が増加しないか心配ですって?!
そんな方々に是非見てほしい記事がこちらです!

化粧直しでスキンケア効果が倍増する方法(2015年05月19日)

参考になると思います。
そうそう、京のすっぴんさんの「絹肌べっぴんフェイスパウダー」は含まれる油分がごく少量のスクワラン、そして酸化チタンフリー・タルクフリーなので極力、肌に負担をかけないようになってます。
私は、毎日これを最後に使うことで、メイク崩れ予防をしております♪
石けんで簡単に落とせますしね。

そんなこともありまして、とあるスポーツジムで京のすっぴんさんが催事特設会場で販売されておりました。
なぜにスポーツジム???
と思われる方のほうが多いかもしれません。
スポーツジムに行った後って、すっぴんで帰る、メイクをして帰る、その後どこかに出かける、などいろいろな方がいらっしゃいます。

案外多いのが、公共の交通機関を使って帰る方々です。
その場合、すっぴんではイヤ!でも、せっかく洗ったのにまたメイクするのもイヤ!と悩んでる方がわりにいらっしゃった。
京のすっぴんさん ナチュラル素肌色クリームBB」を愛用してくださってる方が、ジムの後にさっと塗るだけで顔色の補正はしてくれるし保湿やスキンケアも兼ねてるので電車に乗って帰るのに重宝するそうなんです。しかも、家に帰ればわざわざメイク落としを使う必要がなく、石けんで簡単に落とせるところがツボとのこと。

そんなこともあって、スポーツジム後に重宝するだろうと、今回のイベントが催されました。
ジム後に、お出かけするときはナチュラル素肌色クリームの上に絹肌べっぴんフェイスパウダーを塗れば、きれいなベースメイクは完成しますしね!紫外線防止効果もありますし。もちろん、石けんで簡単に落とせるところが嬉しい。


みなさま興味津々でした^^
ジム.jpg

今回はこちらのスポーツジム「ビバスポーツアカデミー枚方(ひらかた)」様でした!!





posted by 京のすっぴんさん at 10:28| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 商品についての雑感など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
タグクラウド