2015年05月13日

和漢植物にこだわる理由

台風すごかったですね。昨日、京都は昼過ぎからドシャ降りになりました。
晩にいったん小雨になったので自転車で帰れるかなぁ〜とホッしてたんですね。
(電車だとバスも乗らなければならず、倍以上の帰宅時間がかかってしまいます)

で、夜の勤務時間が終わり店を閉め始めた頃にボスが、自転車を片そうとしながら

「電車で帰るんですよね?」

と言ってきたので、

「雨どうですか?小降りなら自転車で余裕で帰れますし〜」

と聞いた私が馬鹿でしたよ。ボスは即答で、

「小雨です。」

とお答えになられました。
私は、じゃあ小雨のうちにと即、自転車に乗り帰宅を急ぎました。
店でて30秒で後悔しました。


じゃ、、、ジャジャ降りやん・・・・・・。


私にはボスが考える小雨の定義というのはわかりません。
しかし、これはおそらくジャジャ降りの類に入るのでは・・・という疑念がそこにありました。

勇気ある撤退も考えた私ですが、
性格上いったん漕ぎ出すと前進あるのみの突き進むタイプです。
もちろん、5分後にものっすごい後悔しましたけどね。

自転車でのジャジャ降りは背中がビチャビチャに濡れます。
自転車に乗るとどうしても風が前から吹いてきますので、傘を前傾に差してしまいますよね。
そうすると、背中側の傘の骨からおもいっきり雨水が垂れきて背中にボトボトかかるんです。
雨が降っている時に後ろに子供を乗せた自転車をみかけたのですが、雨よりもお母さんが差してる傘からボトボト流れる雨水でビチョビチョになってる子供をみかけて気の毒におもったことがあります。
(子供はヘルメットのみで傘は差さず)

みなさまもぜひご注意ください。そして、うちのボスにもご注意ください。


そういうわけで、風邪を引かないか心配な私ですが、
風邪をこじらせないコツをご紹介。
少しでもゾクっときたり、首筋が寒く感じたり、喉がちょっとイガっときたり、とにかくあれ?なんかおかしいなぁ?と思ったら
もうそれと同時に葛根湯か麻黄附子細辛湯(マオウブシサイシントウ)を飲んでください。
そして1日しっかり服用してください。
これでたいがい、風邪がこじれて病院へってことは格段に少なくなります。
常備おすすめです。(私は麻黄附子細辛湯派です)
ちなみに麻黄附子細辛湯は花粉症にも効きますよ〜。

というわけで漢方のお話が出たところで、和漢植物です。
京のすっぴんさんは和漢植物にこだわっています。
もともと、私が勤める薬局が漢方専門薬局だったこともあり、
漢方はもう何年も取扱してきましたので、体の一部みたいなものです。

アトピーの患者様に生薬のせんじ薬をつくったり、生薬の抽出エキスをつくって1つ1つレトルトパックにしたり、患者様の相談に応じて漢方薬を選別したり。

もう、何が面白かったかというと、いろいろな漢方専門の医師を見てきましたが、
すんごい個性的すぎて強烈でしたねぇ・・・どの方も。しかし、ここでは書けん
とくに、京都は全国的に有名な漢方医が複数いらっしゃるので本当に良い経験をさせてもらいました。
アトピー用入浴剤のレシピなんかも頭に入っています。(この入浴用せんじ薬はむっちゃ大好評でした)

なので、そのノウハウを生かして京のすっぴんさんに和漢植物をどうしても入れたかったんです。
京のすっぴんさんには、

【すっぴんミックス】として、8種類の和漢植物エキスが配合されています。
ヨモギ葉エキス・ビワ葉エキス・シルクエキス・さちのかいちご果実エキス・チャ葉エキス・ダイズエキス・マツ球果エキスの8種類です。


これ全部、私が選びました。
実は他にもどうしても入れたいものなどがあったのですが、生薬を扱ってた経験上、国産に絶対にこだわりたかったので、すっごーーーーく悩み抜いた末にこの8種類の精鋭部隊に決めました。
あと原産地も、京都のもの、もしくは京都近辺のものにしたかったので選ぶのが難しかったです^^;
あまりくわしくは言えませんが、まったく同じ生薬でも色々なんですよね品質がピンキリ^^;
国産物はまず間違いないですが、国が変わると業者によってモノが天と地の差・・・いや地獄の差が・・・ボソボソ

■清浄性
・ヨモギ葉エキス
ヨモギ.jpg
原料:蓬(ヨモギ) 原産地:鹿児島県
(有用成分)精油・フラボノイド・タンニン他
(配合目的)収斂・血行促進・保湿・抗アレルギー

・ビワ葉エキス
ビワヨウ.jpg
原料:枇杷の葉(びわのは) 原産地徳島県
(有用成分)サポニン・タンニン・精油
(配合目的)収斂・保湿・抗アレルギー・抗炎症

このヨモギとビワ葉は絶対に入れたかったのです。皮膚疾患では鉄板ともいうべき生薬ですな。(←エラそう)
ヨモギは艾葉(ガイヨウ)、ビワの葉は枇杷葉(ビワヨウ)として昔から医療現場で使用されている生薬です。

■保湿・柔軟性
・コメヌカエキス
コメヌカ.jpg
原料:近江米 原産地:滋賀県
(有用成分)多糖類が主、γ-オリザノール・ビタミンB
(配合目的)保湿・抗炎症・抗酸化・紫外線防御・美白・皮膚保護

・シルクエキス(カイコまゆエキス)
カイコ.gif
原料:繭(まゆ) 原産地:京都府
(有用成分)フィブロイン・セリシン
(配合目的)保湿・抗酸化他

コメヌカ、シルクは王道ですよね。
昔、ぬか漬けを家でつくってたことがあったのですが、
そのときに手のすべすべツルツルと弾力は実証済です。天然のハンドクリームですよね、あれは。
とってもきれいな手をした高齢のご婦人をみかけると、「自家製のぬか漬けつくってるな」とひそかに思ってしまいます。

■透明感
・さちのかイチゴ果実エキス
サチノカイチゴ.jpg
原料:苺 原産地:徳島県美馬市
(有用成分)ビタミンC・アントシアニン・糖質
(配合目的)美白・抗酸化・保湿

・チャ葉エキス
茶葉.jpg
原料:宇治茶 原産地:京都府
(有用成分)カテキン系タンニン・カフェイン・アミノ酸・ビタミンC
(配合目的)収斂・抗酸化・ひきしめ

イチゴは個人的にすごく興味がありました!ビタミンC豊富ですし、イチゴ大好きなもんで。
京都といえば宇治茶。緑茶も昔から美容健康に使われてきた伝統素材!
京都府では現在、日本茶のふるさと「宇治茶生産の景観」を世界文化遺産として登録されることを目指しています。宇治茶は鎌倉時代に栄西が宋から茶種を持ち帰り、宇治で栽培されたのが最初と言われています。
800年の時をかけ磨かれた歴史深い宇治茶には、各種ビタミン・ミネラルが豊富に含まれておりエイジングケアに優れた特性をもっています。

■弾力ハリ
・有機ダイズエキス
ダイズ.jpg
原料:有機ダイズ 原産地:滋賀県草津市
(有用成分)イソフラボン・サポニン・アミノ酸
(配合目的)細胞賦活・肌荒れ改善・美白・コラーゲン産生促進

・マツ球果エキス
マツ.jpg
原料:セイヨウアカマツ球果エキス 原産地:滋賀県琵琶湖
(有用成分)葉緑素クロロフィル・テルペン精油・ビタミンA・ビタミンC・ビタミンKなどのビタミン類

イソフラボンといえばエイジングケアに欠かせない秀逸の成分。
マツ球果エキスは琵琶湖の湖岸に自生しているアカマツから得られるエキスです。
葉緑素クロロフィルが豊富でお肌にうれしい栄養素がゴロゴロ入ってます〜!
精油のほうが有名ですかね。パインツリーという名前のほうが親しみ深いですよね。

この8種類を独自配合した【すっぴんミックス】はまだ、ナチュラル素肌色クリームBBにしか配合されていません(汗

が、もう少ししたら、絹肌べっぴんフェイスパウダーにもビューティーアクアミストにも配合されます〜。
とくに、化粧水には早く配合してもらいたいもんです^^

個人的には、やっぱりガイヨウとビワヨウを入れることができたのが非常に大きいです。
生薬の力は偉大です!!!

DSC_0150.jpg
posted by 徒然茶瓶 at 18:14| 京都 | Comment(2) | 成分 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月09日

原材料について

a0027_002588.jpg

-原材料はすべて天然由来成分-

京のすっぴんさんのスキンケア商品は、すべて天然由来成分でできています。
天然由来成分・無添加にこだわっているため、使える成分は限られています。お客様に安心してお使いいただくため、限られた中から低刺激の成分を徹底して選別しています。

エコサート認定原料の使用や、原料によっては水抽出にて抽出しています。
(水抽出にて抽出することにより、抽出の過程で必要になる溶媒やキャリーオーバーなどの成分が混入する心配がなくなります)

また、防腐はパラベンやフェノキシエタノールなどの化学由来物質は使用せず、植物がもつ天然由来の防腐力で品質を安定化しています。


-水にこだわる-

シンプルスキンケアの基本は「保湿」、そしてすべての肌質においてまず必要なもの、それは「水分による保湿」です。
この最も重要なファーストステップに使われるスキンケア、「化粧水」に京のすっぴんさんはとくにこだわっています。
化粧水によるしっかりとしたした保湿は角質層を育みます。スキンケアの原点ともいえる「きちんと保湿」「しっかり浸透」で肌の内部、角質層までたっぷりの水分を浸透させるため、京のすっぴんさんは化粧水成分の大半を占める「水」にこだわりました。

〜海洋深層水〜
京のすっぴんさんの化粧水は海洋深層水を使用しています。
海洋深層水は、一般的な化粧品原料である精製水と比較して、肌への浸透性が優れているといわれています。

PP_iruka500.jpg
海洋深層水の特徴
・安全性の高い美しい水
・胎児を守り、育む羊水に近い成分
・肌の一般的なPH4.5〜6.5に近い弱酸性(*1999年〜2006年度平均値)
・肌への素早い浸透力
・肌へのなじみの良い感触


-伝統素材にこだわる-

淘汰されることなく、昔から今に至るまで使われ続けている伝統素材は、歴史的にも安全性が証明されているということ。京のすっぴんさんは、8種類の伝統素材にこだわりました。
肌に負担のない、肌にやさしい伝統素材を積極的に取り入れることで、肌の新陳代謝や再生能力を妨げず、無駄のない効率的なシンプルスキンケアを実現します。

京のすっぴんさんは「すっぴん素肌を育むため」に8種類の国産和漢生薬エキスを厳選し組み合わせて、「すっぴんミックス」を処方しました。

エイジングケア・保湿ケアに特化した和漢生薬をそろえることにより、「毎日使えば使うほど保湿機能とエイジングケア機能ですっぴん素肌をいたわり育てる」という無駄のない効率的なシンプルスキンケアを実現します。

「すっぴんミックス」は、日本国内の豊かな自然が残る地で栽培された野生に近い8種類の伝統素材(有機ダイズ、シルク、宇治茶、コメヌカ、マツ球果、さちのかイチゴ、ビワ葉、ヨモギ葉)を抽出して得られたエキスです。

すべて安全な国内産生薬で天然物のため、安定して収穫と品質を保つために大変な手間がかけられています。また、気候や土壌など厳しい環境条件や採取時期の見極めに細心の注意を払い大切に栽培されています。
もちろんキャリーオーバー成分は一切含まれておりません。
このエキスが、京のすっぴんさん全ての商品に配合されています。


●京のすっぴんさん 素肌をつくる「8つの国産伝統植物エキス」●

肌に最良の和漢生薬エキスを産地にもこだわり選りすぐりました。京のすっぴんさんが天然由来100%の国産植物エキスにこだわるのは、植物の持つ優しいパワーが肌本来の持っている力を呼び覚まし、蘇らせる手伝いをしてくれるからです。濃密な植物エキスによるシンプルケアで、誰もが赤ちゃんの時に持っていた「すっぴん肌」にリペアすることを目指します。

●清浄性
ヨモギ葉エキス
ヨモギ.jpg
原料:蓬
原産地:鹿児島県
有用成分:精油、苦味成分、フラボノイド、タンニン、ポリアセチレン、イヌリン、ヒドロクシクマリン、カフェオイルキナ酸類

ビワ葉エキス
ビワヨウ.jpg
原料:枇杷の葉
原産地:徳島県
有用成分:サポニン、タンニン、精油

ヨモギ、ビワ葉は、艾葉(ガイヨウ)、枇杷葉(ビワヨウ)として昔から漢方薬で使用されている有名な薬草です。

●保湿・柔軟性
コメヌカエキス
コメヌカ.jpg
原料:近江米
原産地:滋賀県
有用成分:多糖類が主、γ-オリザノール、ビタミンBなど

シルクエキス(カイコまゆエキス)
カイコ.gif
原料:繭
原産地:京都府
有用成分:フィブロイン、セリシン

●透明感
さちのかイチゴ果実エキス
サチノカイチゴ.jpg
原料:苺
原産地:徳島県美馬市
有用成分:ビタミンC、アントシアニン、糖質が豊富
また、さちのかイチゴは他のイチゴに比べ、ビタミンCが多く含まれているとされています。

チャ葉エキス
茶葉.jpg
原料:宇治茶
原産地:京都府
有用成分:カテキン類、ミネラル類、アミノ酸、ビタミンCなど

チャ葉エキスは、日本二大茶の1つで日本最高峰の高級ブランド京都宇治茶の葉から抽出したエキスです。
京都府では現在、日本茶のふるさと「宇治茶生産の景観」を世界文化遺産として登録することを目指しています。
宇治茶は鎌倉時代に栄西が宋から茶種を持ち帰り、宇治で栽培されたのが最初といわれています。800年の時をかけ磨かれた歴史深い宇治茶には、各種ビタミンやミネラルが豊富に含まれておりエイジングケアに優れた特性を持っています。

●弾力ハリ
有機ダイズエキス
ダイズ.jpg
原料:大豆
原産地:滋賀県草津市
有用成分:イソフラボン、サポニン、アミノ酸など
イソフラボンはエイジングケアに秀逸の成分です。

マツ球果エキス
マツ.jpg
表示名称 セイヨウアカマツ球果エキス
原産地:滋賀県琵琶湖
有用成分:葉緑素クロロフィル、テルペン精油(α−ピネン)、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンKなどビタミン類

潤いを与え、ハリのある肌へ
琵琶湖の湖岸に自生しているアカマツから得られるエキス。その豊富な栄養素は肌に潤いを与えハリのある肌に導きます。
精油ではパインツリーが親しみ深く、松葉は中国では仙人の不老長寿薬という伝説があります。

posted by 徒然茶瓶 at 16:42| 京都 ☁| Comment(0) | 成分 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする