2015年10月21日

デザイン、パッケージのあれこれ

たまに、京のすっぴんさん クレイと米粉のGossori(ごっそり)クレンジンフ洗顔フォーム -瞬泡(しゅんあわ)-の容器のことで、

「なぜ、チューブじゃないのですか?」

と質問を受けることがあります。
もともとは、チューブで話をすすめていたのですが、原料が石鹸成分でテクスチャーが少し固めなので最後まで出し切れないかもしれない、ということでジャータイプになりました。
あと、チューブタイプの場合・・・
風呂場に置きっぱなしの場合、たいがいの方はフタを下にして保管すると思うのですが、フタ部分に水がたまったりしません?
個人的にあれがどうもいやで〜〜〜〜〜^^;


京のすっぴんさん クレイと米粉のGossori(ごっそり)クレンジンフ洗顔フォーム -瞬泡(しゅんあわ)-は、ジャータイプなのでスパチュラもしくは素手でクリームを手に取ることになりますが、素手でもOKです。


私物ですが昨日きれいに使い切りましたデス^^
(私は面倒くさがりなので素手使用です)
21 - 1 (1).jpg


あと、容器のジャーの中に水が入っても、容器逆さまにして水を捨ててくれれば問題ないです。
高温多湿状態の風呂場に保管しっぱなしでもかまいません。
防腐剤を使用していない無添加の商品ですが、恐ろしいほどにお手入れや保存方法が簡単であります。


私のようなズボラさんにはピッタリですわーーーーテヘッ


防腐剤を使用していないし、しかも天然由来成分のみだけでできているのに、
なぜ、

・素手でも大丈夫なのか
・高温多湿な風呂場に保管して大丈夫なのか
・水が入っても捨てれば大丈夫なのか

ですが、
「洗浄成分のアルカリ性条件及び剤形の水分活性を抑えることで菌繁殖を抑制する処方」
になっているからです。

簡単に言えば、
・菌の繁殖を助ける成分をなるべく使用しないことと
・ 石けん自体を菌の繁殖しにくい環境になるよう開発することで、品質の安定性を確保している
なんですが、


もっと、ぶっちゃけて言えば、、、


固形石けんは素手で使いまくるし風呂場に置きっぱなしだし、水が常にかかってる状態ですよね。
この京のごっそりさんも、それと同じ感覚でどうぞ!
クリーム状の石けんと考えていただければわかりやすいです^^


ところで、京のすっぴんさんから発売中の化粧水、
京のすっぴんさん ビューティーアクアミスト
ですが、もうすぐパッケージと商品名がリニューアルします!
成分内容や金額は変わりません。

現在のデザインはこれ↓
DSC_0211.jpg


デザイン検討段階はこんな感じでごわした。↓
DSC_0210 (1).jpg


そして、デザインと商品名がようやく決まりました。
もうすぐ以下に変わります。

京のすっぴんさん ナチュラルミスト-Shin-浸(しん)
gplus-655069816.jpg

「浸(しん)」という字には、「水がしだいにしみ込む」「水がしみ込むように広がる」という意味があります。
京のすっぴんさん ナチュラルミスト-Shin-浸(しん)の海洋深層水が肌全体にジワジワ優しくしみ込んでいくという意味が込められています。
この商品にピッタリな名前だな〜〜〜と個人的はすんごい気に入っております。


これからも、どうぞご贔屓によろしくお願い申し上げます!




posted by 徒然茶瓶 at 12:11| 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | 開発関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック