2015年06月29日

洗顔料の妥当な価格と容量は?!

DSC_0207.jpg


デザインがようやくあがってきました。
実はこのまえ、「京のすっぴんさん クレイと米粉のGossori洗顔フォーム-瞬泡-」略して「京のGossoriさん」を、モニターになって使用していただいた皆様に、実際に使ってみた感じから妥当な容量と価格に関してアンケートを実施したのです。
天然無添加やオーガニック系の洗顔クリームって結構、、、いいお値段するのですよね^^;
しかもそこに、クレンジングも買わないといけないので、クレンジング+洗顔料ですんごいコストがかかる・・・

たとえば、高機能美容液やエイジングケア専用クリームなどはお肌に「美容保湿成分を残す」スキンケア商品なので、結構なお値段でも、納得してご購入される方が多いように思います。
一方、洗顔料は逆に、「すべてを洗い流して肌に何も残さない」スキンケア商品。そのため「消耗品」っぽい感覚が強いからなのか、なるべく大量で安い価格にしてほしい、と思ってしまうような気がします。
そこんとこ、どうなんでしょうか?
私は絶対にそう思ってしまうほうです。(なので安い固形石けんを愛用していたりしてました)

そこで、実際にお客様はどう思ってるのだろう?どう考えているのだろう?とすごく知りたかったので、
以下の内容でアンケートを取りました。


「京のすっぴんさん クレイと米粉のGossori洗顔フォーム-瞬泡-」のモニターをしてみて、あなたのご希望の容量と価格を教えてください。(*価格は税別です)

1)80ml 2,300円
2)120ml 2,800円
3)150ml 3,200円
4)その他(上記で納得できない方は、ご希望の容量と価格をご記入していただく)

の4択です。
それで最も多かった回答なのですが・・・
圧倒的に

3)150ml 3,200円

でした!次に 2)120ml 2,800円 で、1)80ml 2,300円は0でした。

ご意見として、
「毎日使うので、できれば大量のほうがよい」
「量が少ないと、なくなったときに購入しようと思える値段でないとリピートしにくい」
「たくさん使用してもまだ残量があるという安心感があるほうがよいので量は多いほうがよいと思う」
「何度も購入する手間が増えると困る、嫌だ」
などがありました。

これって、やっぱりトイレットペーパーを購入するときの感覚に似ているような気がします。
洗顔料は「消耗品」に分類されるスキンケア商品なんだなぁとあらためて実感しました。

アンケート結果をみて150mlの容量で一度は話がすすみましたが、結局120mlの容量でいくことに決まりました。
京のGossoriさんは防腐剤無添加です。にもかかわらず、お風呂場で保管・使用していただいても全く問題ありません。
主成分が石けんなのと、菌の繁殖を助けるような成分を極力排除して菌繁殖を抑制する処方とすることで防腐性を確保しているからです。

ですが、ここはやはり念には念をいれて120ml容量にしよう、ということになりました。この念には念を入れる慎重なところは薬剤師の性ですね、、、「100%絶対安心、徹底したゼロリスク」というものはこの世には絶対に存在しませんから^^;
その代わり、大容量を望むかたのためにセット販売をつくろう、リピートしやすい価格になるようにギリギリまでコストを抑える方向でめいいっぱい考ました。
そして、決定した容量と価格が、

120ml 2,380円(税別)です。

そして大容量をのぞむ方のためにお得な3個セットをご用意。
3個(360ml)で5,940円(税別)です。1個あたり1,980円・・・!

クレンジングもかねているのでダブル洗顔いらず。成分も天然由来100%のみでつくられています。それでこのお値段は、自分的には即買いやん!
とおもわず思ってしまいましたが、どないなもんでしょう・・・?(←弱気に転じてます^^;)

今回、デザインがあがってきたので、さっそく現品を購入しようと思ったのですが・・・
DSC_0208.jpg

中身空っぽ〜〜〜〜!!!

せめて、、、1個くらい中身はいったものがあればぁぁぁぁ・・・
サンプルさえもないという。うううっ・・・早く現品が欲しいッス。
7月下旬までの辛抱ですぅぅぅぅ。。。


そして、ある日のボスのデスク周り。
「うわ!アイスクリーム食い散らかして、空のアイスクリーム容器捨てずにそのまんまかぃっ!!」
と思ったら、、、


京のGossoriさんのデザイン見本容器でしたわ・・・・・・
アイス空.jpg

















【関連する記事】
posted by 徒然茶瓶 at 15:03| 京都 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: