suppinmethod.jpg

トラブルを起こしにくい「すっぴん健康肌」に育てる天然スキンケアに徹底してこだわりつくられた京のすっぴんさんです。

【メディア掲載情報】

婦人画像201507.jpg media.jpg images.jpg



2015年05月01日

日焼け対策、帰宅後にすることあれこれ

晴れの日が続いていますね。それでも京都は夜になると風が冷たくてまだまだひんやりしております。
日差しの強い日中、車中や外出から帰宅したあと皆さんはどのようなケアを意識してやっていますか?


とりあえず、帰宅すれば日焼け止めを落とすことから始まると思います。
ウォータープルーフタイプの日焼け止めの場合、クレンジングでしっかり落とす必要があります。
そういえば、たまに洗顔料で酸化チタン入りのものがあるのですが、あれってちょっと不思議ですよね・・・。
あれは、泡や石けんなど見た目的に白くみせるために少量配合されているのですが、
日焼け止めに入っている紫外線吸収剤や、紫外線散乱剤(酸化チタン)などをしっかり落とすために洗顔するのに、酸化チタン入りの洗顔料で洗うっていうのが・・・^^:


もちろん、酸化チタンであろうが何であろうがしっかりすすいで顔に洗顔料が残らないようにすれば
問題ありませんので心配もないですし気にする必要もありません。
ちなみに、京のすっぴんさんからもうすぐ発売予定のクレンジング洗顔石けん、


京のすっぴんさん クレイと米粉のGoossori(ゴッソリ)クレンジング洗顔フォーム-瞬泡(シュンあわ)-
は、ウォータープルーフの日焼け止めも一発でしっかり簡単に落としてくれます〜!
6月か遅くても7月の発売になる予定です。
商品名が長いので、「京のごっそりさん」と覚えてやってください。


私はもう手持ちがなくなってしまい、京のごっそりさんが納品されるまで待たないといけないのですが、
このクレンジング洗顔石けんに近い泡の感じ、使用感使い心地などが当然なんですけど見当たらず結構真剣に困ってます・・・(汗
あのクリィーミーでキメの細かい、モチモチした弾力と粘り強さがあって肌にしっかりフィットしつつ泡がつぶれずいつまでも持続する・・・それでいてすすぎのときは、サッと爽やかに泡切れ良く楽に短時間で洗い流せる、こういう泡を今現在欲してます(笑)


泡のキメが粗くて、すぐにへたったり肌にしっかりフィットしてくれない泡だと、洗いながら不安になってくるんですよね。汚れをしっかり密着してくれてる実感がないので・・・。


話がそれちゃいましたが、日焼け止めをしっかり落とした後は保湿です。
例えば、日に当たりすぎて肌がほてったり赤くなったりした場合は、クールダウンさせる必要があります。
そのときに役立つのが、ヘチマやビタミンC系、ラベンダー、ティートリー、アロエなどが入った化粧水です。
ヘチマ水100%やラベンダーやティトリーなどは芳香蒸留水でよく売られてるので、これからの時期あると便利ですよね。こういうもので肌を落ち着かせるのは大切。


ただし、芳香蒸留水は保湿には一切向かないのでプレ化粧水的な位置づけになるかと思います。
保湿で化粧水を使う場合は、必ず保水や保湿成分の入ったものをチョイスするのが鉄則。
代表的なものでいえば、ヒアルロン酸やセラミド、コラーゲン、ベタイン、トレハロース、グリセリン等々でしょうか。


天然無添加100%でいく場合、セラミドやコラーゲンを使うのはなかなか難しいので、ヒアルロン酸がとっても重宝します。
ヒアルロン酸の保水力は秀でていて、水分をしっかり抱え込んで離さない性質があります。
とくに加水分解ヒアルロン酸は優秀な保湿成分で次のような特長があるんです。

-------------------
加水分解ヒアルロン酸は、角質層まで浸透しやすくするため分子量を小さくしたものです。
それにより、肌表面で優れた保湿効果を発揮しながら、さらに角質層まで浸透して水分量を増やして保持し、外側と内側の両方から保湿効果を発揮します。加水分解ヒアルロン酸は角質層まで浸透するので、洗顔後も角質層でヒアルロン酸の保湿力は持続します。加水分解ヒアルロン酸は、粘り気がなくサラサラした感触が特長なので、水のような感触なのにしっとり潤してくれます。
-------------------


スキンケアのコストを削減するなら、おもいきって化粧水を省いてしまうのも1つの手です。
その替わりに美容液を使うとか。
実際に私は、冬は化粧水は一切使わず美容液+クリームで乗り切りましたよー。
というのが、バックパックで世界中を旅してた女性(アラサー)の方の話が、とっても印象的だったんですね。
彼女が言うには、「旅をしている最中、化粧水がなくても全く困らなかったが、BBクリームは本当に重宝した」んだそうです。


化粧水よりも美容液や保湿クリームのほうが保水効果や保湿効果のある成分がたくさん含まれているからなんでしょうけど、私が乾燥する冬シーズンを化粧水なしで過ごせたのでコストカットされたい方は一度試されてもいいかもです。


と、言いつつ・・・京のすっぴんさんからも化粧水は出ておりますが、これは保水効果と保湿効果の高い成分をしっかり入れてますので、逆に美容液なしで十分潤いますからーーー!!!
加水分解ヒアルロン酸とグリセリン、ベタイン等々、保水と保湿を兼ねそろえた化粧水です。


京のすっぴんさん ビューティーアクアミスト
ビューティーアクアミスト.jpg

もちろん、この化粧水は私も他のスタッフも愛用しております。すんごい使いやすいんですよ。
使い心地がいいんです。
ベタツキやとろみがなくて、さっぱりしてるのでプシュプシュ顔につけまくってもシュワ〜ッと浸透して爽やかな使い心地なんですよ。さっぱりなのにしっとり潤うところがもう、、、「なんも言えね・・・(←古いから)」って感じで。


え?それなのに、なんで冬の間使わなかったかって?
いや、実は・・・(汗
この化粧水、スプレー式でミストでシュワーと出てくるんですよ。
なので使用方法は、顔に直接スプレーするんですが・・・


これが、、、
冬の間、寒くって〜〜〜
いやぁ・・・直接顔スプレーは冬は寒いですよ、ホントに。
そいで、途中で使用を断念して美容液に切り替えたんですわ・・・


いずれにしても、紫外線照射原因で肌が火照った時などのクールダウンには、
ヘチマ水やラベンダー水、アロエベラ水などの芳香蒸留水は効果的ですが、
保湿には向きませんし、プレ化粧水として使うのもコストがもったいない気がします。
スキンケアのコストをもっと見直したいのなら、おもいきって化粧水はやめて美容液からいきなり入るのは全然ありです。
逆に、保水効果や保湿効果のある成分がしっかり入った化粧水なら、美容液はなくてもOKですが、エイジングケアするなら、やはり用途にあわせた美容液は使ったほうが絶対よいです。
となると、保湿とエイジケアを兼ねそろえた美容液を使えば、化粧水はなくてもOKです。


いや、あの、全額返金保証もついていますので、京のすっぴんさん ビューティーアクアミストも、どうかお願いいたします。
保水・保湿効果は私がハッキリと保証しますから!!


つか、このブログ・・・ボスが見てたら100%怒るでしょうな^^;

ハハハハハ・・・






posted by 京のすっぴんさん at 18:46| 京都 ☀| Comment(0) | 紫外線対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

タグクラウド