2015年02月02日

ナチュラル素肌色クリーム開発のきっかけC

(試作編3)

それから、しばらくはCを・・・Cを・・・と思いつつ
おもいっきりBばっかり使っていました。
ハイ。すみません。

数日後の朝、小豆大ほどの量を指にとり
Cを顔にさっさと塗ったところ・・・

し、白い!
白いぞこれは!

いわゆる「のっぺり顔」ですね。
「で、でたな!のっぺり顔・・・。うわ〜最悪!やり直ししてる時間ない〜ッ!!」

これなんですよね・・・
オーガニックや自然派系によくある朝の惨劇。。。
のっぺりするので、とても不自然な人工顔。

ただ、いつもと違うところは灰色がかっていないところ。
普通はここで、のっぺりして灰色っぽいメタリックな感じになるのですが、それはなかった。

となると、しばらく落ち着いてなじめば
大丈夫???
と思い、粉をはたきましたら、
ちょうどいい顔色になりました。
あれ?赤みカバーもかなりある?!

実は、職場では、このCの顔色が
男性から一番好評だったのです。
Bより、もっと顔が明るく映えて、
お肌もBよりもっときれいに見えるとのこと。
なんと、カバー力はCが一番だったのでした。

ただ、
使用感がいただけない。
Bのように、気持ちよく肌になじみ優しい密着感、そして肌との一体感を伸ばしながらは全く感じられませんでした。

とすると・・・、
使用感はB!
色やカバー力はC!


これだな。
もう、絶対これ。

早速、製造メーカーさんにお伝えする。

「使用感は絶対Bなんですが、カバー力や色味などはCがいいんですが・・・」

「了解!!」
そんな感じで試作品はトントンと進行していきました。

それからというもの、
私は毎日、BやCを使っておりました。
時には、使用感や色をもっと試すために顔半々で使ったり。

そして出勤すると、決まって

「なあなあ、今日どっちやと思う?」

とクイズ。

「ええっ?Cかな〜?」
「ブブーっ!右がCで左がBじゃっ〜」

「わかるかっ!」

という、非常に迷惑なオバハンと化しておりました。
いえいえ、これも大事です。
毎日周りの人にもチェックしていただいて、日常的に使用感や色をチェックしなければ。

それから数日後・・・

やはり、突然に送られてきました。
ごろごろと試作品が!

きたきた、きましたよ〜♪

家に持ち帰り、翌朝さっそく使いました。
指に試作品をとる。

や、やわらかい〜


なんともまあやわらかい、クリーミーな感触!

サンプルC.jpg

顔につけてみると、
ああんっ
なんと気持ちよく伸びるのかしら!

まったく、ストレスなく
伸びる伸びる。
肌に吸い付く。
ぴたっとフィットする。
保湿もしっとり。


ああっ忙しい朝にこのクリーム・・・
絶対イイ!!
使用感、完全にBを超えてます!!!

顔もナチュラル。
毛穴カバーすごい!
そして素肌のような透明感〜っ

しかも、汗ばんだ顔に塗っても、
浮いたりせず、きれいに仕上がる!

これこれこれ、これや!

この試作品は、他の女性スタッフや私の姉、姉の職場の方達にも使っていただくことになりました。

(続く)


posted by 徒然茶瓶 at 11:01| 京都 ☀| Comment(0) | 開発関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: