suppinmethod.jpg

トラブルを起こしにくい「すっぴん健康肌」に育てる天然スキンケアに徹底してこだわりつくられた京のすっぴんさんです。

【メディア掲載情報】

婦人画像201507.jpg media.jpg images.jpg



2016年10月27日

その後・・・ご報告

ヒルドイドローションを化粧水代わりに使用してアレルギー性接触皮膚炎をおこした話は先日しましたが、その後の報告です。


ヒルロイドローションに添加されている「還元ラノリン」によるアレルギー性接触皮膚炎かどうかを調べるために、ヒルロイドと全く同じ有効成分(ヘパリン類似物質)で同じの効能のビーソフテンローションをすぐに使い始めました。こちらには還元ラノリンは添加されていませんので。


結果から申し上げますと、やはり全くの一切、何も起こりませんでした。
塗り始めて2日ほどで顔の紅班(こうはん)はきれいに消え失せました。
今も何のトラブルもなくビーソフテンの保湿力のおかげでお肌バリバリ全開大好調!(←昭和っぽい言い回しか)


ヘパリン類似物質の効能である血行促進作用によって毛細血管が拡張し、皮膚が薄い顔に発赤やかゆみがでたのか?とも考えましたが、やはりこれはヒルロイドローションに添加されている還元ラノリンが原因とみてよさそうですね。


化粧品はもちろんですが外用剤によるかぶれももちろんあります。
化粧品が原因で起こるかぶれの主なものには、
・アレルギー性接触皮膚炎(香料、天然香料、保存料、ラノリン等々)
・刺激性接触皮膚炎(全ての成分が原因となりうる)
・光アレルギー性接触皮膚炎(紫外線吸収剤、メントール等々)
などがあります。

ちょっときになるのがこれ↓ですよね。
刺激性接触皮膚炎(全ての成分が原因となりうる)


全ての成分が原因となりうる・・・てどういうこと???(><)

とりあえずは、アレルギー性接触皮膚炎と刺激性接触皮膚炎の違いをおさえておかなければ話が進みません。
アレルギー性によるかぶれは、原因物質が肌に付着するとその量に関係なく(ほんの微量でも)、湿疹やかゆみなどの皮膚炎を起こします。

刺激性接触皮膚炎は、アレルギー性接触皮膚炎とは違い、微量ではかぶれはおこりません。原因となる物質が大量に皮膚にふれたり長期間皮膚に接触していると起こるかぶれです。
たとえば、こんなこと聞いたことはないでしょうか?

「同じ化粧品を使い続けるとかぶれを起こすことがあるので、何年も同じ化粧品を使い続けるのは避けたほうがよい。化粧品はたまに変えたほうがよい。」

なんで同じ化粧品は長く使わないほうがいいのか、化粧品はたまに変えたほうがいいのか・・・
なぜだろう?しまじろう


実は、何年も同じ化粧品を使い続けてアレルギー性のかぶれを起こすことはあまりありません。
もしも同じ製品を何年も使い続けてかぶれが起こったなら、それは刺激性接触皮膚炎によるかぶれと考えられます。
刺激性によるかぶれは、かぶれの原因となる物質の量に依存します。つまり大量に皮膚にふれる、もしくは長期間皮膚に接触し続けて起こる。
つまり、これって・・・、「きちんと化粧品を落としきれていない」から起こるかぶれなのです。
洗顔が不十分でしっかりと化粧品を落としきれずに長期間いると、かぶれが発生しやすくなる。
刺激性接触皮膚炎は、全ての成分が原因となりうるというのはこういうことなんですね。

なので、化粧品や洗顔料、保湿クリームなどスキンケア製品全般、クレンジングなどの刺激が強い成分がはいっているものも全て、毎日しっかりときれいに落として、クレンジングも洗顔料もすすぎを十分にして肌に何も残っていなければ、長年同じものを使い続けてもかぶれは起こりにくいのです。

ただし、肌荒れなどで肌の調子が悪いとき、風邪をひいてたり生理前などもそうですが、肌の調子を崩しているもしくは崩しやすい時期は、その皮膚のバリアが壊れている部分から化粧品の刺激成分が侵入して(分子量1000以下のものといわれている)角化細胞を刺激して炎症を起こしてしまうことがあります。

生理前は肌荒れしやすくって何かかぶれやすい・・・というお悩みを持つ女性が世の中に多くいらっしゃると思いますが、それは刺激性接触皮膚炎が原因かと思われます。


光アレルギー性接触皮膚炎は紫外線(UV)が当たると皮膚炎を起こすアレルギーです。ちなみに精油などでよくいわれる光毒性は光毒性皮膚炎と言い、原因物質に紫外線が当たると活性酸素が発生して細胞などに障害を与えてしまうという皮膚炎です。アレルギーを起こすというものとはまた違います。


私の経験ですが、実を言うとミルククレンジングを愛用しているときは、しょっちゅうトラブルを起こしていたんですよね・・・。肌荒れ、湿疹、細かい赤いぶつぶつがしょっちゅう、季節の変わり目は絶対に荒れる、とか。
これって、刺激性接触皮膚炎だったのだなぁと超納得。ずっと同じ化粧品を使っていて、突然かぶれたりしてたので。
オーガニック系のミルククレンジングは、メイクの落ちが非常に悪くてダブル洗顔してもしっかり落ちなかったり・・・。ミルククレンジングと悪戦苦闘してた時期があったのですが、肌荒れや突然かぶれるといった肌の状態が不安定だったのもちょうどその頃だったのです。


京のすっぴんさん クレイと米粉のGossoriクレンジング洗顔フォーム
gososri.jpg

はメイクもしっかり落として、泡切れもよくすすぎが楽チンで洗い残しがないので、
「もしかして刺激性接触皮膚炎かも・・・?」と心当たりのあるかたにはちょっとおすすめしたいです。
私もこれ使い出してから肌が健やか全開で気持ち的にもとっても安心でありがたくて大切な商品です^^
そういえば、長期間同じ化粧品を使うのはよくないという話、私には疑問だったのですよね。
というのは、化粧品や日焼け止めを変えるとちょくちょくかぶれを起こすので(ボディシャンプーの場合、全身にブツブツでまくるとか^^;)、逆に変えるのが怖い。

京のすっぴんさん ナチュラル素肌色クリームBB
すっぴんBB.jpg

京のすっぴんさん 絹肌べっぴんフェイスパウダー
絹外観.jpg

を発売前の試作段階から現在までずっと毎日何年も使い続けてますが、本当に肌トラブルが少なくなりました。
なので、「何年も同じものを使うのはよくない」というのが余計にしっくりこなくて・・・。
私には、ちょくちょく化粧品を変えることのほうが恐ろしい。。。

毎日しっかりと汚れやスキンケア製品の汚れを落としておけば、何年も同じ化粧品を使用し続けても問題はないが、日々洗い残しがあれば同じ化粧品を使い続けていくと、刺激性接触皮膚炎を起こして突然かぶれることがあるということなのです。
これを知ったときは、すごく腑に落ちました。

今お使いの洗顔料はしっかりと汚れを落としているか、すすぎ・洗い残しはないか、しっかりご確認を!


あっそうだ、外用剤(塗り薬)によるかぶれの話でした(汗
外用剤によるかぶれには有効成分(主薬)によるものと基剤(添加物)によるものがあります。
私はまさに添加物でかぶれたのですが、配合濃度によってもかぶれを起こしたり起こさなかったりもあります。
今は、ジェネリック医薬品もよく使われていますが、主薬は一緒で基剤(添加物)は異なったりするので、十分に注意しましょう。処方せんを薬局に持っていったときに薬剤師にどんどん相談すればよいですよ!


この前の日曜日、ジョギングしていたらちょうど天皇陛下と皇后陛下が京都御所に来られている途中だったので、御所の中でお見えになられるのを待っていました。
たくさんの人が待っていたのですが、よくテレビで見るあの日の丸の旗はその場で配られるんですねー。
京都御所には3年半ぶりとのことでした。





posted by 京のすっぴんさん at 10:00| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アレルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月18日

や、やってしまいました・・・

京都はここ数日、暑い日が続いてます。ですが、晩になると冷え込みます。
この気温差の激しいせいか頭痛に悩まされてる今日この頃。

この前のブログで、この時期あたりから保湿剤をヒルドイドやビーソフテンに変えるんですよ、と言ってましたね私は。
実は、いつも使うのはビーソフテンローションのほうで、ヒルドイドローションは今回初めて使ったんです。
というのは、ビーソフテンはヒルドイドの後発品(ジェネリック医薬品)なので薬価が安い!
なので、ビーソフテンローション一択だったのですが、なんとなくヒルドイドローションを使ってみようかなとふと思い初めて使ったのです。

有効成分は「ヘパリン類似物質」で同じといえど見た目はこんなに違う↓
hiruroido.jpg

bisoften.jpg


ビーソフテンローションは若干とろみがついた化粧水という使用感で、シュパーと爽やかに浸透していく感じです。ベタツキもなく非常に使いやすい。
ヒルドイドローションは白い乳液のような感じですが、油っぽさは一切なくこちらも、シュワーと直ちに浸透していく。見た目は乳液で、使い心地は美容液というとシックリくるかも。そのためか使用感はビーソフテンローションよりもラグジュアリー感があり、ビーソフテンローションよりもヒルドイドローションのほうが個人的には好みでございました。


過去形ですが・・・


使用し始めて3日ほどたった日曜日、一昨日ですね。
顔と首に湿疹が・・・!!
かゆみは全くないのですが首と顔面が発赤だらけです^^;
あわてて洗い流しました。

で、一晩寝たらずいぶんマシにはなってました。夜になるとほぼ消失してました。
ここで私の悪いクセが・・・。
本当にヒルドイドローションが原因なのか、を確認したくなりまして〜
ちょうど同じ頃にシャンプーとリンスも新しいものに変えていたので、ひょっとしたら原因はシャンプーかも知れない。いや、しかしそうなら頭皮とかおでこの生え際、耳の後ろなんかにも湿疹でてるよなぁ、、、

と考えながらも、もっかいヒルドイドローションを使ってやりましたよ。(良い子はマネしちゃダメ!!!)


そうすると、みるみるうちに顔が赤い世界地図のようになりました(苦笑)
しかも発疹の出現が、化粧水を塗った方向に沿って出ています。
いつも顔の中心(鼻あたり)から外側に向けて塗ってるんですが、ご丁寧にその方向をなぞるように発疹がでちょりました。

自分の顔をまじまじと数十秒ほど眺めながら、
「うーむ、結構塗りムラがあるんやなぁ・・・、ちゃんと塗ってるつもりがかなり雑なんやな・・・」
と化粧水のつけ方を反省しておりましたw

ひとまず反省した後に、すぐに洗い流しました。
しかし、ビーソフテンローションではこんな経験一度もなかったのに、ヒルドイドローションでなんでやろ?と疑問に思ったわけです。


となると、まず疑うのが添加物ですよね。
ビーソフテンローションとヒルドイドローションでは添加されてる物質がけっこう違うので、それが原因かなぁと。ビーソフテンには含まれてなくてヒルドイドに含まれている疑わしいものとは・・・

うーん、しいて言えば「還元ラノリン」か?
ヒルドイドクリームは去年ずっと愛用してましたが発赤がでたことはただの一度もなかった。
そのヒルドイドクリームにもビーソフテンローションにも還元ラノリンは入ってないんですよねぇ。。。
ちなみに、ヒルドイドローションにはスクワランが入っていますのよ、奥様!まさに美容液。イヨッ!


還元ラノリンが原因による接触性皮膚炎だったのかもしれませんね・・・。
ところで、顔はもともと皮膚が薄いので毛細血管が拡張すると赤く浮きでやすかったりします。
ヒルドイドやビーソフテンには「血行促進作用」というものありますので、
皮膚の状態によってはこの血行促進作用により毛細血管が拡張して顔に発赤やかゆみがでることがあります。


そういえば、ここ数日の朝晩の激しい気温差やアルコール多量飲酒(ワシ大酒のみでして・・・^^;)も関係しているかもしれません。
そうなってくるとかなり漠然とした原因になってしまうのでモヤモヤ感が残るこの残尿感。

そんなわけで、今夜はビーソフテンローションを試してみようと思います。
ビーソフテン塗って大丈夫だったら、やっぱり還元ラノリンによる接触性皮膚炎に決定してしまおうかと。


ちなみに、湿疹トラブル経験もりだくさんの私からのアドバイスなのですが、
湿疹がでたら即日、皮膚科に行ったほうがいいです。湿疹でたらすぐ皮膚科。

そのためにも日頃から評判の良い皮膚科は見つけておく。
クチコミ評判は案外、親が詳しかったりします。
あとは、いつもむちゃくちゃ混んでる皮膚科とか。


とにもかくにも、ヒルドイドにもビーソフテンにも副作用はありますので、
処方してもらうときは皮膚科の先生からアドバイスを頂いてください!


さてと、今夜はどうなるのか・・・(くどいようですが絶対にマネしないでください!←誰がするかーーー!)














タグ:トラブル
posted by 京のすっぴんさん at 17:45| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アレルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月13日

季節の変わり目、スキンケアの潮目

ようやくおてんとさまが顔を出して秋晴れの日々が続きそう、と喜んでいたら
急に寒くなりましたですね・・・。
ということは、スキンケアの潮目を逃してはいけない時期がやってまいりました。

この時期は、夏場に受けた日焼けダメージで肌が弱っているところに、
朝晩と昼間による急激な温度変化が追い討ちをかけてトラブル勃発を招きやすいですデス。
スキンケアの潮目が変わるのを見計らうのに目安となる時期でもあります。

やっぱり最重要項は保湿のグレードアップでしょうか。
私は最近、この時期ぐらいから化粧水はこれに変えます↓
DSC_0029 (1).jpg

はっきり言いますとぶっちゃけ、、、
朝晩の保湿はこれだけで十分だと思います。アトピーの方が使う保湿剤なのですが、どんな高価な保湿アイテムに比べてもめちゃくちゃ優れものだと思います。

いつもは、京のすっぴんさんナチュラルミスト浸-shin-を使ってますが、スプレータイプは肌寒い時期にはちょっとつらい・・・w

これが手に入らないのであれば、保湿効果の高い美容液や美容オイルなどのスペシャルアイテムを加えて
保湿スキンケアをしっかりすればOKです。
個人的には、何度も書いたことありますがジョンマスターオーガニックや、オーガニックボタニクスが
すごくオススメです(私の家には常備してあります)。

あと、この時期に肌トラブルが増える他の要因は洗顔にあるのかなぁとボンヤリ考えてみたり。
というのは、寒くなると乾燥から肌を守るために洗顔アイテムを変えるかたがおられるのかな、と。
夏場は泡洗顔だったけど、冬場はミルククレンジンに変えるとか。
それで肌の調子がよくトラブルが一切なければ全く問題ありませんが、
案外、肌トラブルのリスク要因が隠れているかもしれません。要注意です。

保湿を意識したミルククレンジングなどの泡立たない系洗顔料は、洗浄力がはっきり言って弱いです。
メイクの濃さなどにもよりますが、ダブル洗顔しても汚れが落としきれないことがあります。
そのため、汚れが十分に落ちてない洗顔を毎日してしまったり、落ちないからついつい力任せに洗顔してしまったりと、逆にお肌に負担をかけてしまうことがあるのです。

ただでさえお肌の調子を崩しやすい時期なので、これはかなりのリスク要因になってしまいます。
季節の変わり目だからこそ洗顔方法は変えずに、洗顔後に行うスキンケアを変えたほうが肌トラブルのリスクは減るのではないかと思います。

ちなみに、京のすっぴんさん クレンジング洗顔フォームはこの時期や、冬場も安心して使えると思います。
私はもちろん、通年を通して洗顔はこれ1本ですが(メイクも一緒に落とすのでダブル洗顔してません)乾燥せずに汚れだけしっかり落としてくれますので重宝してます。
冬場もこれを使うと、その後の保湿スキンケアが楽なんですよ〜!

それでこの京のすっぴんさん クレンジング洗顔フォームなのですが、ふたを開けると、こんな感じで↓
ぶつぶつ.jpg

表面がブツブツになってることがありますが、石鹸成分が析出しているだけスクラブ洗顔料では一切ありません
手に取ったときは、ぶつぶつ感がありますが泡立てるとすぐに滑らかになり肌あたりも超マイルドでやさしいです。
なので安心してご使用ください!
菌テストなどの安全性試験も実施済みなので品質も全く問題はありません^^


秋口は体調も崩しがちになりやすいですよね・・・(風邪引きの患者さんが激増します^^;)
皆様、どうかくれぐれもご自愛ください。















posted by 京のすっぴんさん at 11:21| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スキンケア/全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
タグクラウド